つれづれ晴れ

つれづれ晴れ

敏感すぎて生きづらいオタクがイラスト情報や書評を書き綴る雑記ブログ

SAI利用歴10年の絵描きがオススメするペン設定

f:id:msr08:20181224161739j:plain

こんにちは!

皆さんはイラストを描く際に何のソフトを使っていますか?

私は「SAI」を利用しています。

クリップスタジオペイントも大変便利なソフトですが、
使い慣れているという理由で、メインにSAIを利用しており
愛着があります。

今回はいつも使っているおすすめのペン設定を紹介します。

 

線画用筆

f:id:msr08:20181224161814j:plain

線画と一部の塗りに使っているペンです。
これ一本で全て描こうと思えば描けるくらいよく使っています。

【ポイント】
・ベースは筆
・混色:10 水分量:5 色のび80
・筆圧の濃度・サイズ・混色全てオン

f:id:msr08:20181224161824j:plain

色塗りに使っているメインのペンです。
アイキャッチイラストの肌、洋服はこの筆で影を付けています。

【ポイント】
・ベースは筆
・混色、水分量、色のびは20~30の間

・筆圧の濃度・サイズ・混色全てオン

ブラシ濃度と最小サイズはその都度変更します。
目安としては、

ブラシ濃度は80~100%
最小サイズは70~100の間で細い部分を塗るときは低めにしています。

 

雲筆

f:id:msr08:20181224161835j:plain

雲用のペンです。アイキャッチのようなふわふわ背景にも使えます。

【ポイント】
・ベースは筆
・ブラシ種類:にじみ 強さ80
・混色:30 水分量:1 色のび10

最小サイズ、ブラシ濃度はお好みで変更します。

適当に描くだけで雲のようになるので重宝しています。

 

このペン設定を使って描く空のメイキングもあるので参考に(ブラシ濃度以外は同じ)

oekaki28.com

 

SAIのオススメ本

SAIを買って最初に参考にした本です。

SAI Illustration Technique(DVD-ROM付)

SAI Illustration Technique(DVD-ROM付)

 

 塗り方をいくつかの種類に分けて解説されており、
ツールの説明も詳細にされており役に立ちました。

 

オススメポイント

・最初は扱いにくい「ペン入れレイヤー」の解説がある

・用紙質感(テクスチャ)が24種類も入っている

・ペン設定(混色、水分量、色のび)の説明が分かりやすい

 

特にテクスチャの付録が便利で、普段から利用しています。

気になった方は是非SAIにふれてみてくださいね!