つれづれ晴れ

つれづれ晴れ

敏感すぎるオタクがイラスト、書評、悩みを書き綴る雑記ブログ

画像素材を利用してSAIに用紙質感(テクスチャ)を追加する方法

こんにちは。

SAIの便利な機能に「用紙質感」があります。
レイヤー、レイヤーフォルダ単位で質感(テクスチャ)を加えられるものです。

f:id:msr08:20190407193316j:plain

用紙質感はデフォルトでも何種類か入っておりますが、
今回は新しい用紙質感を追加する方法を解説します!

①用紙質感にしたい画像を取得する

今回は「ぱくたそ」様から画像をダウンロードします。

f:id:msr08:20190407193327p:plain

モノクロ絨毯のテクスチャを選びました。
コントラストのハッキリとした画像のほうが、テクスチャも強く出るので
オススメです。

②画像を正方形・グレースケール・ビットマップ形式に変更する

SAIの用紙質感に適した画像に加工します。ポイントは3つです。

・正方形
・グレースケール
・ファイル形式はビットマップ(.bmp)

順番に解説します。(解説ではフォトショップ6.0を利用しています)

正方形に切り取る

フォトショップ[イメージ]→[画像解像度]を選択すると
以下のようなダイアログが出てきます。

f:id:msr08:20190407193336p:plain

1.「縦横比を固定」にチェックが入っている場合は外します

 2.幅と高さを同一にします

SAIで利用できる用紙質感の画像は、
幅と高さ256、512、1024ピクセルのどれかです。
ここでは512ピクセルにしています。

3.解像度は72dpiにします

グレースケール変換

この画像は最初はあらかじめグレースケール画像でしたが、
カラーモードの場合はグレースケールに変更します。

フォトショップ6.0では
[イメージ]→[モード]→[グレースケール] で変更できます

正方形でグレースケールの画像になりました。

f:id:msr08:20190407193349p:plain

ビットマップ形式で保存

[ファイル]→[別名で保存]→[ファイル形式:BMP] を選択します。
さらに、ファイル名を付けます。じゅうたん.bmpにしました。

このファイル名がSAIに登録したときの名称になるので
分かりやすい名前にしましょう。

f:id:msr08:20190407193358p:plain

「保存」ボタンを押すとBMP設定が出てきますが
デフォルトのまま「OK」を押します。

f:id:msr08:20190407193408p:plain

③SAIのフォルダに画像を追加する

〔SAIアイコンを右クリック〕→〔プロパティ〕を選択します。

f:id:msr08:20190407193416p:plain

〔ファイルの場所を開く〕をクリックするとSAIに関するファイル一覧が
表示されます。

f:id:msr08:20190407193423p:plain


この中の「papertex」フォルダと「papertex.conf」を編集します。

1.papertexフォルダに加工した用紙質感の画像を追加する

「papertex」フォルダには用紙質感の元画像が入っています。
この中に先ほど作った用紙質感の画像(じゅうたん.bmpを追加します。

2.papertex.confに用紙質感のファイル名を記述する

papertex.confを開くとメモ帳が起動します。

f:id:msr08:20190407193436p:plain

SAIに登録されている用紙質感の名称が記述されているファイルです。
一番下に新しく追加する用紙質感のファイル名を追記します。

1,papertex 円マーク ファイル名.bmp

ここではファイル名は じゅうたん. bmp になります。

④SAIを開いて用紙質感の追加を確認

SAIを起動し、画材効果の下の「用紙質感」
選択できるように追加されていれば完了です。

f:id:msr08:20190407193443p:plain

倍率・強さも調整してみましょう。

SAI用紙質感(テクスチャ)まとめ

用紙質感用の画像はpaper-co様もオススメです。

free-paper-texture.com

ピクシブでもSAIのテクスチャを見つけられます。

こちらの本でも用紙質感に使える素材が付属CDに収録されています。

SAI Illustration Technique(DVD-ROM付)

SAI Illustration Technique(DVD-ROM付)

 

 デフォルト以外にも用紙質感を追加して、イラストの幅を広げてみてみてくださいね!