つれづれ晴れ

つれづれ晴れ

敏感すぎるオタクがイラスト、書評、悩みを書き綴る雑記ブログ

引きこもりの私でも出来たオススメの短期アルバイト5つ

f:id:msr08:20180618155915j:plain

こんにちは。
私はブラック企業を退職した後、ほぼ引きこもりになった頃があります。

以下の記事でも少し書いてます。

misora08hare.hatenablog.com

引きこもりになった約2年間のなかで、後半の半年は短期のアルバイトに
取り組み社会復帰を目指していました。
今回は、仕事の自信を失っていた私でもできた短期アルバイトを紹介します。

工場でお菓子のパック詰め

お盆の時期に工場で和菓子のパック詰めをしました。
単純作業でしたので作業内容はすぐに覚えられました。

最初に挙げましたが、振り返ると一番大変だったかもしれません。
立ち仕事でしたので、体がバキバキになり、5日間だったので
最後まで何とかこなせました。

作業中は誰かと話す必要はないので人間関係が煩わしくなく、
また、化粧をしなくて良い(化粧をするとマスクや帽子に
ファンデーションがついてしまう)のがメリットです。

体力に自身のある方にオススメします。そうでない方は
無理をしないほうがいいです。

プロ野球の試合スタッフ

仕事内容は「手荷物検査」「チケット回収」「会場の案内」などです。
役割が明確なので取り組みやすかったです。

ポジションによっては、試合もチラッとなら観られます。
仕事に入った日、偶然ですが自分の応援しているチームが勝つことが多く
同じポジションのスタッフの方と喜び合ったりできたのが楽しかったです。

移動を含め拘束時間が長かったのですが、ある意味チケット代無料で
試合も観られると考えれば、お得だと考えていました。

野球やスポーツが好きな方にオススメです。

デパートの催事スタッフ

具体的には「クリスマスケーキの受け渡し」「初売りのレジ」をやりました。

デパートなので、「接客が難しいのでは・・・?」と不安でした。

仕事に入る前に、1日6時間程度のデパートで働く人向けの研修があり
思っていたほど難しいものではなく安心をしました。

研修は以下のような内容でした。

・デパートの案内、概要
・店員の間で使われている専門用語
・扱っているクレジットカード類の種類(レジ向け研修だったため)
・レジ(金額の計算と商品を包む)の研修、実践

仕事が始まった後も「デパートのお客さんは怖いかも・・・?」と不安でしたが
1日目の午前中で仕事の流れは理解でき、「慣れれば平気!」でした。

ミスもありましたが、デパートのスタッフの方が
丁寧にフォローしてくださり、感謝しかありません。

・・・・結局自分が想像を膨らませ怖がっていただけでした;

学会スタッフ

学会の受付です。会費の受け取りと、パンフレットの受け渡しをしました。
お金を扱うので緊張しましたが、来場者が集まるタイミングに波があるので、
ある程度こなしたら暇になる時間もありました。

こちらもポジションが分かれているので取り組みやすかったです。

試食販売

スーパーでの試食販売です。私が扱ったのは調味料でした。
声をだして試食を案内し、商品を買ってもらうのが目的です。

私はあまり試食がキッカケで商品を買ったことはなかったのですが
自分が思っていた以上に足を止めて購入してくれる方が多かったです。

道具は会社から借りられる道具もありますが
自分で用意して持っていかなければならないものもありました。
(まな板、包丁、お盆など)

ノルマはなく、販売した商品の個数を報告するのみでした。

初めて行くお店が多く、どこで試食コーナーを設営すればいいか?など
誰に聞いたらいいのか迷うことがありました。

裏を返せば一人で仕事を出来ることがメリットです。

まとめ

仕事をする自信をなくしていたので、簡単に出来そうなことから
始めようと思い取り組んできました。

退職後、
「仕事は辛いもの」としか考えられなかったのが、
これらのアルバイトを通じて
「仕事はみんなで協力し、目標が達成できたら嬉しいもの」
と物凄く久しぶりに感じることが出来ました。

自信をなくしてしまう気持ちに、今となってはとても共感できます。
自分でも出来た仕事があるので、悩んでいる方がいたら
参考にしてもらえると嬉しいです。